スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[SQ2] 虹竜ノ月22日

2008/06/25 Wed

どうやら、この記事の続きには
世界樹の迷宮II ~諸王の聖杯~ 12Fのネタバレ
が含まれているようだ。

君は、ネタバレを覚悟して続きを読んでもいいし、
このまま立ち去るのも自由だ。

---
第三階層 六花氷樹海
12F 思い描かざれば通り得ぬ氷の道

◆虹竜ノ月22日
1stパーティで12Fの探索を開始。
---
辺りに注意を払い、
足音を殺して進む君たちの耳に、
耳慣れぬ叫びが届く。

間違いない、
この階に何か恐ろしい魔物が
潜んでいるのだ!
---
いきなり脅しきた( ;゚Д゚)
またサラマンドラみたいなのがいたらしんどいんだが、どうなることやら。

前作の流砂を思わせる氷マップを進んで行くと、さらにイベントが!
---
第三階層…、雪に埋もれた樹海の中を
進む君たちに不意に声がかけられる。

君たちは、何事かと
声のする方角へ顔を向ける。

「き、君たちが氷花を探しにきた
冒険者かね?大公宮から冒険者を
応援におくると聞いたのだが…」

そう声をかけてきたのは
一人の衛士だった。

衛士は、寒そうにその身を
震わせながら、君たちに
近付いてくる。

「我々は、大臣からの指令により
氷花を探しにきた衛士隊の中でも
選りすぐりの精鋭なのだ…、が」

言葉を切った衛士は
少し気弱げにうつむきながら
言葉を続ける。

「この樹海は思った以上に
手ごわい場所だった。滑る氷の床
行く手をさえぎり…」

「肝心の花はまったく見つからない。
…我々は危険をさけ昼の間だけ
捜索しているのだが…」

衛士は言葉を切ると
君たちを見つめて続ける。

「…どうやら我々では荷が
重かったらしい。あとは
君たちに任せていいかね?」

寒さと恐怖のためか、衛士は
身をすくめながらそう告げる。

君たちは、この氷と雪におおわれた
樹海で、氷花を見つけるために
捜索を始めなければならない。
---
公国の衛士がひたすら役立たずなのはいつものこと…とりあえず「昼だけ捜索してた」なんて発言が出るあたり、夜に捜索しないと見つからないものもありそうな予感。
…めんどくさそうだな( ;゚Д゚)

さらに衛士と話してみる。
---
雪におおわれた樹海の中
寒さに震えるように立つ
一人の衛士の姿がある。

衛士は、君たちを見ると
辛そうに声をかけてくる。

「花は見つかったかい?
我々は危険をさけ、昼の間だけ
捜索しているのだが…」

「…いまだに見つからない。
探索の手を広げるべきなのだろうか」

寒さと恐怖のためか、衛士は
身をすくめながらそう告げる。

君たちは、衛士との会話を後にし
氷花を見つけなければならない。
---
…やっぱり夜じゃないと見つからなそうな感じだけど、とりあえず昼のうちに一通り探索してみることに。

探索しているとさらにイベント発生。
---
雪積もる道を歩み進む君たちは
大きな扉を開いてその先の
広間へと足を進めていく。

何処か寂しい雰囲気の樹海のなか
不意に明るい声が君たちの耳へと
届いてきた。

「アルビオンっていったっけ?
よくここまで来たもんね」

言葉と共に君たちの前に現れたのは、
アーテリンデと名乗った少女だった。

少女は、君たちの様子を眺めながら
何かを探るような視線を向ける。

「…この階層を歩いているってことは
公宮から言われて、氷花を探して
いるんじゃないの?」

「だったらこの先はハズレよ。
あとは上への階段があるだけ」

少女は、君たちと先の扉を
交互に眺めてそう告げる。

「ミッションを受けている以上
先に進む前に、ミッションを
クリアすることを目指しなさい」

少女はそういって、何気なくだが
君たちの行く手をさえぎる。

…どうやら、ここはひとまず
戻るしかないようだ。

君たちはアーテリンデのいう通り
この場を後にする。
---
このゲーム、結構こういう縛りが多いよーな(´・ω・`)
仕方なし…。

さらに探索…
---
氷と雪におおわれた樹海の中を
進む君たちの足元に、日光に
照らされた氷の結晶が見える。

日光を避けるように
氷に覆われたその結晶は
まるで花のつぼみにも見える。

…もしかしたら、この場所に
日の当たらない時間にくれば
変化があるのかもしれない。
---
氷花ポイントその1発見(`・ω・´)
夜になってから来れば氷花を入手できると見た!

さらにさらに探索…
---
凍り付いた泉を進む君たちは、
道端に顔を出した氷に、
小さな穴があるのを見付ける。

薄くなった氷が割れたのだろうか、
氷の隙間には透き通った水面が
揺れている。

手ごろな枝を折り取れば、
この場で釣りを楽しむ事も
出来そうだ。

釣りますか?
>YES

君たちの内、シグマが
最初に意気込んで糸を垂らす。

だが、シグマは
足を踏み外し、
凍て付いた湖に落ちてしまう!

君たちは慌てて
シグマを助け出すが、
もう遅い!

シグマはひどい凍傷を
負ってしまった!
もはや釣りどころではない!

シグマのHPが
100減少した!
---
…つまり釣られた、と( ;゚Д゚)
さらに探索を継続。
---
純白の雪道を進む君たちは
小部屋の隅で動く影を見付ける。

目を凝らしてみると、草陰に
何処かで見た様な小動物の姿がある。

その動物は君たちに怯える
様子も無く、小さな声で鳴いて
すり寄って来る。

君たちは、この愛らしい動物に
手を伸ばして触れてみても良いし
このまま立ち去っても良い。

動物に手を伸ばしますか?
>YES

草陰に潜む小動物に
君たちはゆっくりと手を伸ばす。

…しかし、その瞬間
愛らしい様子で首を傾げていた
リスは君の体を駆け上がる!

リスは背中のバックパックに
首を入れると、荷物を一つくわえて
逃げ去っていく…

君たちは、慌てて失った荷物を
確認しようとバックパックを開く。

…どうやら、冒険の必需品である
アリアドネの糸を奪われたようだ。

しかし、今となっては取り戻す事は
不可能であろう。君たちは
注意して探索を続けることにする。
---
…さすがに今回は分かっててやってみた。
まったく同じ展開でしょんぼり(´・ω・`)

まだまだ探索を継続。
---
氷と雪におおわれた樹海の中を
進む君たちの足元に、日光に
照らされた氷の結晶が見える。

日光を避けるように
氷に覆われたその結晶は
まるで花のつぼみにも見える。

…もしかしたら、この場所に
日の当たらない時間にくれば
変化があるのかもしれない。
---
2つ目の氷花ポイント発見!
エンカウントが低めなのでサクサク探索を進めることができました。

---
虹竜ノ月22日のパーティ
【前衛】シグマ(LV34ソードマン)
【前衛】パール(LV33パラディン)
【前衛】マロニエ(LV34ドクトルマグス)
【後衛】マロニー(LV34ガンナー)
【後衛】エピタフ(LV34カースメーカー)

そんな感じです'`ィ(´∀`∩ラガード
スポンサーサイト

コメント

Secret

しぐま
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
プロデュース中!
Xbox360
  • Shooting☆彡
    THE IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
    THE IDOLM@STER
プロデュース済み!
Xbox360
  • ◎ファーストステージ
    (真・響・雪歩)
  • ◎グロリア
    (貴音・真・千早)
  • ◎マジカルピース!
    (真美・やよい・真)
  • ◎ホワイトアプリコット
    (雪歩・真・貴音)
PS3
  • ○チアリングレター
    (真・美希・雪歩)
  • ◎エクストラエピソード
    (伊織)
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。